ブリオーニ(Brioni)のスーツを出すクリーニング店の選び方|高級スーツに強い宅配クリーニングも

「ブリオーニのスーツをクリーニングしたいけど、どの店が良いのか分からない」このようにお悩みではないでしょうか?

ブリオーニのスーツは繊細な生地を使い手縫いで作られているので、一般のクリーニング店に任せても大丈夫か、不安になってしまいますよね。

そんな方のために、このページではキートンスーツのクリーニングを安心して任せられるクリーニング店をご紹介します。

目次

ブリオーニのスーツを、一般的なクリーニング店に出してはいけない理由

brioni_suits
引用:ブリオーニ(Brioni)

ブリオーニのスーツのクリーニングは、普通の店よりも、高級スーツ対応店の方が適しています。その理由は3つありますので、それぞれ解説していきます。

  • ①型崩れや縮みが起きやすいので、採寸が必要
  • ②ブリオーニの生地本来のツヤを保つには、水洗いが必要
  • ③素材がデリケートで乾燥時に傷つきやすいので、静止乾燥が好ましい

理由①型崩れや縮みが起きやすいので、採寸が必要

ブリオーニのスーツの8割程は手縫いで繊細に仕上げられています。また、特徴として肩パッドや芯地が入っていて立体的な作りとなっているので、クリーニングの際に型崩れや縮みを起こしやすいのです。

そのため、ブリオーニのスーツをクリーニングする際は、「洗う前に採寸して、クリーニング後にクリーニング前と同じサイズに戻す」「型崩れ防止の仕付け糸を打つ」等の対策を取り縮みや型崩れを防ぐことが大切です。

手間のかかる採寸や仕付け糸は、高級スーツの受入可能なサービス品質の高いクリーニング店のみの取扱いとなります。
しかし、ブリオーニのスーツの高い品質を保つためには、「採寸」などの対応が可能な店に出しましょう。

理由②ブリオーニの生地本来のツヤを保つには、水洗いが必要

ブリオーニのスーツには、Super140以上の最高級ウールやカシミヤなどが中心として使われており、しなやかで着やすく、生地本来のツヤや光沢があるのが特徴です。

そのツヤや光沢は着ているうちに損なわれていってしまいますが、ドライクリーニングに加え汗や尿など水溶性の汚れも落とすウエットクリーニング(水洗い)も定期的に行うことで復活させることができます

ウエットクリーニングは専用の設備やウエットクリーニングに関する知識と経験が必要なので、なかなか一般的なクリーニング店では扱うことができません。
しかし。ブリオーニ特有のツヤや光沢を保つためには、水洗いが可能なクリーニング店を選ぶようにしましょう。

理由③素材がデリケートで乾燥時に傷つきやすいので、静止乾燥が好ましい

ブリオーニのスーツは、最高級ウールやシルク、カシミヤなど、デリケートで傷付きやすい素材で仕立てられています。それらの生地は、濡れている状態から乾燥させるときに傷つきやすくなっています。

ですので、回転し高温で乾燥させる方法(タンブル乾燥)よりも、ハンガーにかけたまま動かさずに、低温でゆっくり乾かしていく静止乾燥が最も適しているのです。

静止乾燥は乾くまでに時間がかかり、一度に大量に乾くタンブル乾燥と比べると少し値段が上がってしまいますが、ブリオーニのスーツの品質を保つためには、静止乾燥をしているクリーニング店を選ぶと良いでしょう。

ブリオーニのスーツのクリーニング店選びのポイント

ブリオーニのスーツクリーニングならここがおススメ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次